>

用意する予算はどれくらい?大規模なリフォームにかかる費用をご紹介

家族のための大規模リフォーム

この記事をシェアする

キッチンとバスルーム

まず、主婦の城、キッチンを見ていきましょう。
目安として、配管の交換や塗装の色の変更は百万円以下、システムキッチンやアイランド式などスタイルの変更は二百万円以下で済むようです。
では、二百万円以上費用がかかる大規模リフォームは何かというと、間取りの変更です。
ライフスタイルや家族構成の変化で、間取りのリフォームに踏みだす人が多いようですが、その費用は多いと三百万円を超す場合もあります。

次に浴室のリフォームです。
百五十万円以下で抑えられそうなリフォームは、バスタブや、浴室内のデザインの変更が多いようです。
対して、床暖房の設置や、バリアフリーの導入には多くて二百万円以上かかることがあります。
費用がかかることは確かですが、床暖房で冬場の寒さがなくなる上、追い炊きの回数が減って光熱費が抑えられたり、バリアフリーでお年寄りの事故の心配がなくなったりと、その分メリットはたくさんありそうです。

リビングと玄関と外装

家族の団欒の場に大切なリビング、ダイニングのリフォームはどうでしょうか。
和風から洋風、カラーの変更などデザイン関連は百万円以内で済む場合が多いようですが、やはり大掛かりな間取りの変更、天井を高くしたり、収納棚や床暖房を設置したりすると、二百万円、三百万円を超えてくるようです。

間取りの変更で費用がかかるところは、リビングと共通していますが、家族やお客様をあたたかくお出迎えする玄関へのこだわりは、採光や風通しが多いようです。
リビングと比べると安く、高くても百五十万円程度のようです。

家の中も大事ですが、人に見られるのは外側、家の外装やエクステリアです。
家の外側をリフォームするポイントは三つ。
外観を綺麗にすること、耐震補強、そしてバリアフリーです。
外観を綺麗にするための費用は幅がありますが、耐震補強やバリアフリーは大規模なものとして高くなり、三百万円近くになる場合もあるそうです。